プログラミング学習

プログラミングが難しいと感じる理由と対処方法-現役エンジニアが教えます-

programming-difficult
  • プログラミングを学習しているけど、難しいと感じる
  • どうすれば乗り越えられるのか知りたい

こんなお悩みを解決するため、プログラミングが難しいと感じる理由と、どうすれば乗り越えてプログラミングをマスターできるか解説します。

 本記事の内容
  • プログラミングが難しい理由
  • プログラミングの「難しい」を対処する方法
 本記事の作者

僕も皆さんと同じで、プログラミングを難しいと感じ挫折しました。

そんな僕でも今では複数のプログラミング言語を扱い、エンジニアとして成長できました。

難しいと感じていたプログラミングを学習する過程で感じたこと、気づいたことからどうすれば良かったかを本記事にまとめてます。

皆さんも難しい理由を理解し、克服していけばプログラミングをマスター出来るはずです。

プログラミングが難しいと感じる理由

difficult

プログラミングが難しいと感じる理由は主に下記かなと思うので、それぞれ解説していきます。

  • どのプログラミング言語を覚えればいいかわからない
  • 覚えることが多すぎる
  • 英語ばかりで苦手意識が強い
  • エラーが多すぎて、解決できない

どのプログラミング言語を覚えればいいかわからない

プログラミング言語のどれを学べばいいのかわからない人が多いと思います。

複数あるプログラミングがどんな言語か調査したりしていると、なかなかプログラミングを行うところまで辿り着けなかったりします。

プログラミングスキルを身につけるという観点だけでいえば、初心者でもわかるような簡単なプログラミングをまずは覚えてみましょう。

プログラミング言語には難易度があり難しい言語を選んでしまうと多くの学習時間を費やすことになり、その過程で挫折してしまう可能性もあります。

初心者におすすめのプログラミングは下記です。

  •  HTLM / CSS
  • PHP

この2つは今でも多くのWebアプリケーションで使われていて、ググれば大体の問題は解決できます。

学習環境も構築しやすいので初心者でも比較的学びやすい言語だと言えます。

僕もWebアプリケーションを学ぶ際は、PHP言語から学びました。

もしも、AI(人工知能)やスマホアプリが作りたいという明確な目的、目標がある人はそのアプリケーションで使われているPythonやJavaを選びましょう。

覚えることが多すぎる

プログラミングを覚えるにはプログラミン独自の書き方、処理の組み立て方などなど覚えることがたくさんあります。

どうしても覚えることが多すぎると人は難しいと感じてしまいがちです。

また、全部を理解しようとすると誰もがパンクするはずです。

一度に全て覚える必要はありません。

とりあえず画面に文字を表示させるだけの簡単なアプリケーションを作ってみるなど、まずは手を動かすことをおすすめします。

下記のような流れを繰り返し行っていけば、最初からプログラミングについて全部覚える必要性はありません。

  1.  プログラミングの基本的な構文を学習
  2.  簡単なアプリケーションを作成
  3.  問題や課題が発生
  4.  解決方法を参考書で調べる、グーグルで検索
  5. 対処して次に進む

また、アウトプット=手を動かすことで確実にプログラミングを覚えることができます。

英語ばかりで苦手意識が強い

ドラマや映画などで見かけるプログラミングは、英語ばかりで英語が出来ないと難しいそうという意識を持たれている方も多いと思います。

実際、英語のスキルなんて必要ありません。

僕も英語はほとんどできません。

プログラミングは基本下記のことさえ理解しておけば、誰でも出来ます。

  •  if : もし〜だったら
  • case : 〜の場合
  • while :  〜する間

あとは変数と呼ばれるデータを格納する器も任意で決められるため例えば果物を入れる器の名前を「kudamono」なんてローマ字で書いたって問題ないです。

エラーが多すぎて、解決できない

プログラミングを行っていく上で、エラーは多発します。

私もよくエラーに遭遇していました。

ここがプログラミングが難しいと感じ、挫折してしまう大きな要因だと思います。

こればかりは場数を踏んで知識を深めていくしか方法はないですが、今の時代ググれば同じような事象で苦しんだ人が解決方法を教えてくれます。

先人の知恵を借りればエラーが多くても、誰でも簡単に乗り越えられます。

プログラミングの「難しい」を対処する方法

Solution

プログラミングの「難しい」を少しでも取り除くための5つの方法を紹介します。

  1.  目的、目標を明確にする
  2.  検索力を身につける
  3.  プログラミングを一緒に学ぶ仲間を見つける
  4.  メンターを探す
  5.  プログラミングスクールに通う

目的、目標を明確にする

プログラミングを学ぶ目的、目標を明確にしましょう。

例えば下記のような感じです

  • 目的:食べログのようなWebサイトを作る  => 目標:PHP言語を習得
  • 目的:スマホアプリを作る => 目標:JAVA言語を習得
  • 目的:AI(人工知能)を作る=> 目標:Python言語を習得

作りたいアプリケーションをイメージしながらプログラミングを学ぶことで、モチベーションもあがります。

また、ネットや参考書を読めば、サンプルのプログラムコードがあるはずなので、まずはそれをコピペして自分で作ったという実績を作ってみましょう。

きっと、作りたいアプリケーションを作れたという実績から自信が生まれ、目的へ前進でき少しプログラミングを身近に感じ、難しいという意識が薄れていくはずです。

検索力を身につける

プログラミングに限ったことではありませんが、検索力はとても重要です。

私もよくググりながらプログラミングを実施しています。

わからないことがあればググれば、同じ悩みを抱えた人がきっといるはずで解決方法も教えてくれているはずです。

先人の知恵を駆使すれば、プログラミングの問題の大半は解決できます。

プログラミングを一緒に学ぶ仲間を見つける

プログラミングを一緒に学ぶ仲間、同士を見つけることでプログラミングを楽しく学べるはずです。

仲間、同士がいればわからないことを共有し互いに解決する方法を模索することもできるので、仮にもうひとり仲間がいれば調べる時間も1/2に短縮できます。

また、互いに学習進捗を共有することで、いい意味で競い合うこともでき良い刺激にもなりモチベーションにも繋がるはずです。

メンターを探す

メンターがいればプログラミングを効率よく学べますし、わからないことがあれば教えてもらうことができます。

プログラミングが難しいと感じる原因は、やはり問題が発生したときにひとりでは解決できないという点です。

メンターがいれば、そんな問題も解決の方向へ導いてくれるはずです。

また、メンターがプロのエンジニアであれば最新のITトレンドや実際現場で使ってるプログラミング技法なども教えてもらえるので、おすすめです。

メンターのメリットや探し方などは下記の記事にまとめてますので、参考にしてみてください。

関連記事
programming-mentor
プログラミング学習するなら、優秀なメンターを探そう-メンターがいることのメリットなどを紹介-

プログラミングスクールに通う

「難しい」を解決する一番おすすめの方法はプログラミングスクールに通い、プロのサポートを受けながら勉強することです。

プログラミングスクールは現役エンジニアであり、教えるプロの講師がいるので、効率よく学習も出来ます。

プログラミングスクールのメリットは下記です。

  • 効率的にプログラミングを習得ができる
  • 就職、転職のサポートがある
  • モチベーション維持ができる
  • 同じ仲間、同士に出会える
  • プロのエンジニアに教えてもらえる

ただ、どうしても教えてもらえる、サポートが厚い点などから受講料が高いです。

自分へ投資できる金額と相談しながら通うかどうか決めると良いです。

また、多くのプログラミングスクールは無料体験会などがあるので、とりあえずどんなものか受けてみるというのもありです。

おすすめのプログラミングスクールを記載しますので、参考にしてみてください。

プログラミングスクールの詳しい特徴やコースなどは下記記事にまとめてますので、参考にしてみてください。

関連記事
programmingschool
【2021年最新】オンラインでも学べるプログラミングスクールおすすめ6選-特徴や料金について解説-

まとめ:プログラミングを難しく考えすぎないことが大切

important

プログラミング学習では難しいと考えすぎないことが大事です。

「難しい」という理由を分解していけば、プログラミングはそこまで難しいものではありません。

まずは、自分の難しいと思う点を整理して、一つずつ解決していきましょう。

少しでも本記事で「難しい」を解消できることを祈ってます。

-プログラミング学習

© 2021 ITエンジニアのOku Blog