プログラミング学習

【初心者向け】プログラミング学習の始め方 -プログラミング習得までのロードマップを教えます-

programming-roadmap
  • プログラミングを覚えたい
  • プログラミングを学習するための手順が知りたい

こんなお悩みを解決するため、プログラミングを覚えたい方やどうやって学習すればわからない人向けにプログラミング学習の始め方(ロードマップ)について解説します。

 本記事の内容
  • プログラミング学習の始め方
  • おすすめの学習方法
 本記事の作者

プログラミングを始める6つの手順

プログラミングは誰でも簡単に始められます。

これからプログラミングの始め方の手順について紹介します。

  1.  プログラミングを覚える目的を決める
  2.  プログラミングで稼ぐ目標金額を決める
  3.  どんなアプリケーションを作るか決める
  4.  プログラミング言語を決める
  5.  プログラミングできる環境を整える
  6.  プログラミングの基礎学習を行う
  7.  簡単なアプリケーションを作成する
  8. プログラマーとして働く

STEP1:プログラミングを覚える目的を決める

まずは、プログラミングを覚える目的を決めましょう。

目的がないまま、プログラミングをただ闇雲に学習しても、どこかで挫折してしまいます。

私がそうでした、学生時代はプログラミングを覚えることを目的にしてしまったため、挫折しすぐにプログラミングをやめてしまいました。

逆に仕事で必要となったため、休日も必死に勉強していた記憶があります。

プログラミングを覚える目的の例をあげてみましたので、参考にしてみてください。

  • エンジニアとして働きたい(未経験、異業種からの転職、就職)
  • 副業で稼ぎたい(月3万円など)
  • 場所問わずリモートワークをしたい
  • 自分でサービス、アプリケーションを作りたい
  • フリーランスとして働きたい

STEP2:プログラミングで稼ぐ目標金額を決める

プログラミングを覚える目的を明確にしたら、次はプログラミングで稼ぐ目標金額を決めましょう。

結局どの目的であれ、最終的には稼ぐ力が必要となります。

初心者でも月3〜5万くらいであれば簡単に稼げるため、まずこの辺の金額を目指してみてはいかがでしょうか。

参考までに、月3〜5万くらいの仕事を紹介します。

 参考事例1:LPサイト作成案件
lancers1
引用元:https://www.lancers.jp/work/detail/3560305

LPサイトとはランディングページのことをいい、検索結果や広告などを経由して訪問者が最初にアクセスするページのことを指します。

ランサーズ」という仕事探しサイトだとこのような案件であれば1案件4万円から7万円くらい稼げます。

HTML言語とCSSの知識さえあれば数時間あれば作成できてしまうので、初心者でも簡単な案件です。

 参考事例2:Webアプリケーション開発案件
lancers2
引用元:https://www.lancers.jp/work/detail/3551672

Webアプリケーションは、Amazonサイトや食べログサイトなどをイメージしてもらえればわかりやすいと思います。

上記も食べログのようなWebアプリケーションの開発案件になります。

LPとは違い動的なアプリケーションなので難易度はあがりますが、1案件で50万から100万の大きな報酬が得れます。

STEP3:どんなアプリケーションを作るか決める

目的、目標が決まったら達成するために、どんなアプリケーションを作りたいかを決めましょう。

アプリケーションごとによく使われている言語や学習環境が変わってきます。

身近なものであげると下記のようなアプリケーションがあります。

  • Webアプリ
  • スマートフォンアプリ(ネイティブアプリ)
  • AI(人工知能)

具体的にイメージできるように有名なアプリケーション例を挙げてみましたので、参考にしてみてください。

 Webアプリ例
  • 食べログ| 飲食店評判サイト
  • クックパッド | 料理レシピサイト
  • Google| 検索サイト
 スマートフォンアプリ(ネイティブアプリ)例
  • LINE | コミュニケーションアプリ
  • Instagram | 写真投稿アプリ
  • You Tube | 動画投稿アプリ
 AI(人工知能)例
  • SNOW | 顔認証で写真自動加工アプリ

STEP4:プログラミング言語を決める

作りたいアプリケーションが決まったら、プログラミング言語です。

一般的なWebアプリケーションを学ぶ場合、HTML言語とCSSの知識は必須になります。

この部分がユーザーが直接見るサイトの画面の描画に使われています。

その他の言語については、作りたいアプリケーションに合わせて選ぶことをおすすめします。

 Webアプリでよく使われる言語

HTML / CCS / PHP / JavaScript / Ruby

 スマートフォンアプリでよく使われる言語

HTML / CCS / Java / Kotlin / Swift / JavaScript

 AI(人工知能)でよく使われる言語

Python / R / Julia

今までの経験から1つの言語をマスターすれば、他の言語も書き方が違うだけで基本的な考え方は同じです。

私も制御システムでよく使われているC言語を習得したあと、PHPやPerl、Rubyを学んだのですが比較的覚えやすかったです。

なので、ここで決めたプログラミングをしっかり習得できるようにしましょう。

STEP5:プログラミングできる環境を整える

プログラミングを学習するには、PC(パソコン)を用意するだけです。

一般的なMacかWindowsのPCがあれば、十分です。

もしもPCを持っていない方は費用がかかりますがMacBookProの13インチがおすすめです。

まとまったお金がない方は、分割払いもできます。

私もMacを使ってますが、購入当時少し金欠だったので24分割、無利子の分割払いで購入しました。

MacBookProの13インチのメリットをまとめてみましたので、参考にしてみてください。

  • 標準でプログラミングできる環境が整っている | PHP、Ruby、Python言語などは標準で使えます
  • スペックが高い | 複数アプリを使うときに、サクサク動きます
  • 持ち運び便利なサイズ | カフェなどで作業する場合も、便利
  • 以前よりかなりお買い得な価格 | 昔は20万くらいしたので、6万くらい安い

標準でプログラミングできる環境が整っているので、エンジニア、プログラマーになりたい方にはとても強力なパートナーとなるでしょう。

プログラミングだけでなく他にも色々使えますし、大体2〜3年は使えるものなので購入して損はないと思います。

» MacBook Pro 13インチの詳細を見る

WindowsだとPHP言語を使う場合は、PHPをインストールなど初期設定が必要となり初心者には少しハードルが高いかもしれませんが、ググればできるので安心してください。

STEP6:プログラミングの基礎学習を行う

ここからプログラミングの学習を行っていきます。

プログラミングの基礎となる書き方を学習しましょう。

PHP言語をもとに具体的な例を記載しましたので、どういうことなのかをイメージしてみましょう。

 変数というデータを格納する器にデータを格納

変数と呼ばれるデータを格納するための器に、「PHP」という文字を入れているイメージになります。


$programming = 'PHP';

 変数(データの器)により分岐

変数(データの器)の内容により分岐して、文字列を表示させるイメージです。

$programming = 'PHP';

if($programming == 'PHP'){ 

  // 変数の内容が'PHP'
  echo "PHPを覚える";

} else {

  // 変数の内容が'PHP'以外
  echo "PHP以外のプログラミング言語を覚える"; 

}

※ 「//〜」の部分は、コメントになります。

変数「$programming」の内容がPHPという文字列(3行目)だったら、「PHPを覚える」(6行目)を表示させます。

変数「$programming」がPHP以外の文字列(8行目)だったら、「PHP以外の〜」(11行目)を表示させます。

ここまで紹介してきた書き方は一例です。

他にも処理を繰り返したり、計算したりするための書き方があるため、このような基礎的な書き方を学ぶ必要があります。

では、どうやって学ぶかというと下記のような3つの学習方法があります。

  •  参考書を使って学習
  •  動画を使って学習
  •  学習サービスサイトを使って学習
 参考書を使って学習

私は動画や学習サービスなどが充実していなかった時代にプログラミングを覚えたため、参考書をもとに勉強していました。

初心者入門書だと、図解されていてわかりやすかったです。

 動画を使って学習

最近はYou Tubeなどでプログラミングに関する動画あるので、そちらを参考に学習する方法も良いともいます。

ただ、動画を見て瞬時に理解できるような方はいいかもしれませんが、理解するまでに少し時間がかかる人は参考書などで少し理解をしてから見るか、何回か繰り返し動画を再生する方法がよいかもしれません。

 学習サービスサイトを使って学習

最近はプログラミングを学習するための、学習サービスが充実しています。

学習サービスの大きなメリットとしてブラウザ上でプログラミングの実行ができるので、わざわざ自分のPCに環境を構築する手間を省くことが可能です。

ウェブブラウザ上で学習し、学習した内容をもとに演習問題を解いていく流れが一般的ですが、事前に基礎知識を身につけることで学習効率も上がるためまずは参考書なの事前学習をおすすめします。

3つほど役に立ちそうな学習サービスサイトを紹介します。

無料枠もあるので、試してみてはいかがでしょうか。

私は以前勤めていた会社でプログラミングスキルを維持するために、paizaを実施するようすすめられました。

STEP7:簡単なアプリケーションを作成する

ある程度プログラミングの基礎知識がついたら、実際に簡単なアプリケーションを作ってみたほうが更にプログラミングへの知識が深まります。

インプットした知識を、アウトプットすることでやっとプログラミングを覚えてる実感を味わえるはずです。

とにかく動く簡単なアプリケーションを作りたい人はPHPやJavaといったプログラミング言語だけで作ってみてもいいかもしれませんが、一般的な画面も作りたいという方は下記のような流れで作っていくことをおすすめします。

フロントサイド:HTML(CSS/JavaScript) => サーバーサイド: PHP or Javaなど

ここでいうフロントサイドというのは、一般的な画面の部分に当たります。

サーバーサイドは、実際に画面から送信した内容をもとに処理を行う部分になります。

簡単なアプリケーションができたら、さらに下記のような技術、仕組みを学習するとさらにプログラミングで出来ることの幅が広がります。

  • データベース(DB) | データを格納する器
  • フレームワーク | 効率的にプログラミングを行える枠組み

ここでは具体的な内容には触れませんが、上記は一般的なアプリケーションでよく使われている技術なので、これから副業や就職などでプログラミングを行いたい方は是非ともこの機会に学習しておきましょう。

STEP8:プログラマーとして働く

ここまで学んできたら今度は実際にプログラマーとして働いてみましょう。

やはり、実践の中で学ぶことがプログラミング習得の一番の近道です。

おそらく下記のどちらかになるかなと思います。

  • IT業界に就職、転職する
  • 副業、フリーランスとして、案件を取得する
 IT業界に就職、転職する

IT業界に就職、転職すれば、周りはプログラミングのプロばかりなので、実際の開発の中で開発手法や新しい技術など様々な知識やスキルを身につけることができます。

IT企業に務める場合は、一般的な、もしくはエンジニアに特化した就職、転職サイトを活用してみましょう。

 副業、フリーランスとして、案件を取得する

プログラミング未経験者から案件を獲得するとなると、少しハードルも高くなります。

IT企業で務める場合、通常であれば営業が獲得した案件を行っていく形になりますが、副業、フリーランスだと自分で案件を獲得しなければいけません。

ただ、最近は副業やフリーランス向けの仕事サイトなども多く存在するので、昔よりハードルは低くなっています。

参考までに、仕事探しサイトを記載しますので参考にしてみてください。

効率よく学習するならプログラミングスクールがおすすめ

費用負担ができるなら効率よく学習することができるプログラミングスクールがおすすめです。

独学だと時間がかかる、実践に近い開発手法が学べないなど独学で学ぶ場合は、様々なデメリットがあります。

早くプログラマーになって稼ぎたいという方や独学だと不安という方はプログラミングスクールに通って、現役のエンジニア講師に教えてもらうのもありです。

プログラミングスクールならではのメリットは下記かなと思います。

  • 就職、転職支援がある
  • 全額返金保証制度がある(条件あり)
  • プロのエンジニア講師に教えてもらえる、質問できる
  • エンジニア仲間ができる

無料体験会などを開いているスクールなども多いので、一回受けてみるのも良いと思います。

参考までにプログラミングスクールを挙げておきます。

詳しい特徴などは下記記事にまとめてますので、参考にしてみてください。

関連記事
programmingschool
【2021年最新】プログラミングスクールおすすめ6選-特徴や料金について徹底解説-

まとめ : 手順を踏んで確実にプログラミングを習得しよう

本記事で紹介した8ステップを踏めば、難しと感じられるプログラミングは誰でも習得することが可能です。

プログラミングを覚えると稼ぐ力が身につけることができ、副業などで小遣い稼ぎやフリーランスとして自由な働き方ができます。

是非ともプログラミングを学ぶ目的、目標を明確にしてプログラミングを習得していきましょう。

-プログラミング学習