プログラミング教室 子供向け

リタリコワンダーの料金や特徴、評判・口コミを徹底解説

litalico_wonder
  • リタリコワンダー(LITALICOワンダー)の料金、評判、口コミが知りたい
  • リタリコワンダー(LITALICOワンダー)はどんな教室か知りたい

こんなお悩みを解決するため、オンラインでも受けられる子ども向けプログラミング教室「リタリコワンダー(LITALICOワンダー)」の料金、評判・口コミ、各コースについて解説していきます。

本記事の内容

  • リタリコワンダー(LITALICOワンダー)とは
  • リタリコワンダーの特徴、評判・口コミ、メリット、デメリット、
  • リタリコワンダーのコース詳細
  • リタリコワンダーの料金

本記事の作者

itengineer_oku

リタリコワンダー(LITALICOワンダー)は、子どもたち、両親からも良い口コミ、評判が挙がるくらいおすすめできる子供向けのプログラミング教室です。

上場企業であり、教育事業等、障害福祉領域を主軸とした事業を展開、実績のある会社が運営しているので安心して子供を通わせることができるはずです。

リタリコワンダー(LITALICOワンダー)の詳細は、本記事で詳しく解説しますので、参考にしていただければ幸いです。

目次

リタリコワンダー(LITALICOワンダー)とは

リタリコワンダー(LITALICOワンダー)は株式会社 LITALICOが運用する子供・小学生向けのプログラミング教室・ロボット教室です。

都内を中心にある教室と、オンライン教室を運営しています。

IT(インフォメーション・テクノロジー)の発展に伴い、今まで人が行っていた作業はロボットや人工知能(AI)が行ってくるような時代がやってきます。

今後は人にしかできない新しい価値が重要になってきます。その一つが創造力です。

これからの未来を生きる子供たちにテクノロジーを通じて、創造力を身につけてもらうことを目的としたプログラミング教室となっています。

\ 無料体験会実施中 /

LITALICOワンダーの無料体験を受ける

リタリコワンダーの料金

programming

初月のみ入塾料が必要となります。

入塾金

16,500円
*新規入塾時のみ入塾金が必要です。
*税込価格となります。

授業料金は各コースや授業形式により異なるため、下記にまとめましたので参考にしてみてください。

また、コースによっては別途購入が必要な商品がある場合があるため、詳細については確認してみてください。

ゲーム&アプリプログラミングコースの料金

教室受講
受講料 23,100円/月(1回の受講料5,775円×4回)
1回あたりの時間 90分
レッスン回数 月4回〜
オンライン受講
受講料 17,600円/月(1回の受講料4,400円×4回)
1回あたりの時間 60分
レッスン回数 月4回〜

*全て税込価格となります。

ゲーム&アプリプログラミングコースの詳細はこちらに記載してます。

ゲーム&アプリエキスパートコース

教室受講
受講料 27,500円/月(1回の受講料6,875円×4回)
1回あたりの時間 90分
レッスン回数 月4回〜
オンライン受講
受講料 22,000円/月(1回の受講料5,500円×4回)
1回あたりの時間 60分
レッスン回数 月4回〜

*全て税込価格となります。

ゲーム&アプリエキスパートコースの詳細はこちらに記載してます。

ロボットクリエイトコース

教室受講
受講料 23,100円/月(1回の受講料5,775円×4回)
1回あたりの時間 90分
レッスン回数 月4回〜
オンライン受講
受講料 17,600円/月(1回の受講料4,400円×4回)
1回あたりの時間 60分
レッスン回数 月4回〜

*全て税込価格となります。

ロボットクリエイトコースの詳細はこちらに記載してます。

ロボットテクニカルコース

教室受講
受講料 23,100円/月(1回の受講料5,775円×4回)
レッスン回数 月4回〜
オンライン受講
受講料 17,600円/月(1回の受講料4,400円×4回)
1回あたりの時間 60分
レッスン回数 月4回〜

*全て税込価格となります。

ロボットテクニカルコースの詳細はこちらに記載してます。

デジタルファブリケーションコース

教室受講
受講料 23,100円/月(1回の受講料5,775円×4回)
レッスン回数 月4回〜

*全て税込価格となります。

デジタルファブリケーションコースの詳細はこちらに記載してます。

\ 無料体験会実施中 /

LITALICOワンダーの無料体験を受ける

リタリコワンダーのコース詳細

programming_school

リタリコワンダーのコースはオンライン受講は4つ、教室受講は5つあります。

  1. ゲーム&アプリ プログラミングコース
  2. ゲーム&アプリ エキスパートコース
  3. ロボットクリエイトコース
  4. ロボットテクニカルコース
  5. デジタルファブリケーションコース(オンライン非対応)

コース①:ゲーム&アプリ プログラミングコース

ゲーム&アプリ プログラミングコースは、パソコンのマウス操作で画面上のブロックを組み合わせてプログラミングを行う「Scratch(スクラッチ)」という学習環境を使用して行います。

プログラミングの基礎を学ぶことができるため、プログラミング初心者や小さなお子さんにオススメできるコースです。

Scratch(スクラッチ)以外にも、Viscuit(ビスケット)といったタブレットのペイントツールで絵を描き、絵を動かすことでプログラミングができる学習環境でも学ぶことができます。

対象年齢:年長〜高校生

こんな子におすすめ

  • ゲームで遊ぶことが好き
  • パソコン、スマホ、タブレットで遊ぶことが好き
  • 自作のゲーム、アプリを作ってみたい
  • 自分が描いたキャラクターを端末上で動かしてみたい

ゲーム&アプリ プログラミングコースで使用される教材の概要

Scratch(スクラッチ)とは

8〜16才の子供向けの無料の教育プログラミングツールです。
パソコンの画面上でカラフルなブロックをマウスなどで操作し組み合わせていくことで、ブロック遊びをしている感覚でプログラミング学習ができます。
プログラミング言語は使わないので、プログラミングの概念を理解する上で最適なツールです。

Viscuit(ビスケット)とは

5歳児から小学校高学年を対象とした教育用のプログラミングツールです。
パソコンのディスプレイやタブレット上で、ペイントツールを使い絵を描き、その描いた絵を動かすためのプログラミングを学習できます。
お絵かき感覚で学べるため、小さい子供でも簡単に操作することができます。

ゲーム&アプリ プログラミングコースの授業の流れ

GameApplicationProgrammingToolCase1
GameApplicationProgrammingToolCase2

>> ゲーム&アプリ プログラミングコースの無料体験を受ける

コース②:ゲーム&アプリ エキスパートコース

ゲーム&アプリ エキスパートコースは、プログラミング言語を使ってプログラミングに挑戦することができます。

一般的なウェブサイトで使われているHTML/CSS/JavaScriptといった技術を用いて、ウェブサイトの作成ができるのでより実践的なプログラミングを学びたい人にオススメのコースです。

他にもUnityといった2D/3Dゲームエンジンを使い、C#プログラミング言語でスマートフォン向けのゲーム制作なども行うことができます。

対象年齢:小3〜高校生

こんな子におすすめ

  • 3D/VRゲームに興味がある、自分で作ってみたい
  • 自分でホームページを作ってみたい
  • プログラミング言語を使ったプログラミングしてみたい
  • Scratchやロボットプログラミングに挑戦してみたい

ゲーム&アプリ エキスパートコースで使用される教材の概要

Unity(C#)とは

2D/3Dゲームを作るためのツールです。
プログラミング言語であるC#言語を使いゲーム制作を行いながら、本格的なプログラミングを学習できます。
また、VRやスマートフォンアプリ開発も行うことができます。

HTMLとは

Webページを作成するために開発された言語がHTMLです。
一般的なWebページはこの言語を用いて作成されています。

CSSとは

CSSはスタイルシートと呼ばれ、HTMLで作ったWebページのデザイン(見栄え)を整えるために使用されます。
色、サイズ、レイアウトの変更をCSSを使っておこないます。

JavaScriptとは

Webブラウザ上で動きをつける際に使用する言語がJavaScriptです。
コーディングの基礎、応用を学ぶことができます。

ゲーム&アプリ エキスパートコースの授業の流れ

GameApplicationExpertCase1
GameApplicationExpertCase2
引用元:LITALICOワンダー公式サイト

>> ゲーム&アプリ エキスパートコースの無料体験を受ける

コース③:ロボットクリエイトコース

ロボットクリエイトコースは、ブロックを組み立てロボットを作り、それを動かすためのプログラミングを行い動かします。

ゲーム&アプリ プログラミングコースのようにマウス操作でプログラミングができるため、子供でも簡単にできます。

音や動きに反応するセンサーやモーターを使って、機械が動く仕組みを学ぶこともできます。

対象年齢:年長~小学3年生

こんな子におすすめ

  • ブロック遊びやロボットが大好き
  • 機械を扱うこと、改造することが好き
  • 工作やものを作ることが好き
  • 自分で作ったロボットや機械を動かしてみたい

ロボットクリエイトコースで使用される教材の概要

レゴ®WeDo2.0とは

レゴブロックを組み立て動かすことためのプログラミングと機械が動く仕組みを学ぶことが出来る教材がレゴ®WeDo2.0です。
音や動きに反応するセンサーやモーターなども使用します。

ロボットクリエイトコースの授業の流れ

RobotCreateCase1
RobotCreateCase2
RobotCreateCase3
引用元:LITALICOワンダー公式サイト

>> ロボットクリエイトコースの無料体験を受ける

コース④:ロボットテクニカルコース

ロボットテクニカルコースは、様々な課題をモーターやセンサーの仕組みを理解しつつ、プログラミングを行いロボット制御への理解を深めることができます。

ロボットクリエイトコースに比べ、より複雑なロボット構造や高度なプログラム制御を学べます。

頭脳部品インテリジェントブロックという教育ツールにプログラミングすることにより、レゴブロックで組み立てたロボットを自由に制御することができます。

本コースはオンライン非対応のため、教室受講のみとなります。

対象年齢:小学3年生~高校生

こんな子におすすめ

  • ロボット、機械が大好き
  • 機械が動く構造に興味があり、知りたい
  • ミッションやロボットコンテンストに挑戦してみたい
  • 身近にある機械の仕組みを再現してみたい

ロボットテクニカルコースで使用される教材の概要

教育版レゴ®マインドストーム®EV3とは

頭脳部品にプログラミングを行うことでロボットを自由に制御する教材が教育版レゴ®マインドストーム®EV3です。
モーター、センサー、ブロックを組み合わせ自由にロボットを作ることができます。

ロボットテクニカルコースの授業の流れ

RobotTechnicalCase1
RobotTechnicalCase2
RobotTechnicalCase3
引用元:LITALICOワンダー公式サイト

>> ロボットテクニカルコースの無料体験を受ける

コース⑤:デジタルファブリケーションコース(オンライン非対応)

デジタルファブリケーションコースは、3Dプリンタやレーザーカッターなどのデジタル工作機器を使い、オリジナル作品を作成できます。

本コースはプログラミングではなく、電子回路などを学び機械が動く仕組みを学ぶことができます。

3Dプリンタはパソコンで行うような複雑に操作するものからタブレットでタッチ感覚で操作するものなど様々あるため、初心者でも操作できます。

本コースはオンライン非対応のため、教室受講のみとなります。

対象年齢:小学1年生~高校生

こんな子におすすめ

  • 3Dプリンタ、レーザーカットに興味がある、使ってみたい
  • 工作、ものを作ることが好き
  • ゼロから自分でデザインしてみたい
  • 電子工作して自分で作った機械を動かしてみたい

デジタルファブリケーションコースで使用される教材の概要

DigitalFabricationTool
引用元:LITALICOワンダー公式サイト
3Dプリンタとは

パソコンなどで描いた3次元図形を立体的に出力するプリンタが3Dプリンタです。
パソコンで複雑な立体的なデザインや、タブレットでタッチ感覚でおこなうものと種類は様々です。

レーザーカッター

レーザーを用いて木材やアクリル板などを切断、彫刻できる機器がレーザーカッターです。
パソコンなどでデザインした機密な切り出しなどが可能です。

デジタルファブリケーションコースの授業の流れ

DigitalFabricationCase1
DigitalFabricationCase2
DigitalFabricationCase3
引用元:LITALICOワンダー公式サイト

>> デジタルファブリケーションコースの無料体験を受ける

リタリコワンダーの特徴、メリット

point

リタリコワンダーの特徴、メリットを8つ紹介します。

  1. 無料体験授業がある
  2. 信頼できる会社が運営している
  3. 少人数制の授業
  4. 個々にあったペースで制作できる
  5. 受講時間は60分または90分間
  6. 教材(テキスト or 動画)を選べる
  7. 発表会イベントなどのイベントも沢山ある
  8. オンライン受講 or 教室受講が選べる

メリット①:無料体験授業がある

リタリコワンダーは、入塾を検討している方向けにおためしで無料の授業を体験できます

せっかくプログラミングを学ぶ意欲があるのに自分にあった教室、受講内容でないとプログラミンが嫌いになってしまうかもしれません。

そうならないために、オンライン 受講も可能なので興味のあるコースの授業をまずは無料で受講してみましょう。

>> LITALICOワンダーの無料体験を受ける

メリット②:信頼できる会社が運営している

リタリコワンダーを運営する株式会社 LITALICOは、東京証券取引所においてマザーズに上場している安心できる会社です。

ロボット・プログラミング教室だけでなく、障害がある方に向けた就労支援サービスなどのサービスも展開しています。

チームラボ株式会社の社長や元文化学副大臣など教育やITの著名人が推薦メッセージもいただいてる実績もあります。

また、下記の内容からも十分安心できる運用会社と言えます。

リタリコワンダーの運営会社概要
社名 株式会社 LITALICO(LITALICO lnc.)
設立 2005年12月26日
資本金 375,849,375円
本社所在地 東京本社
〒153-0051
東京都目黒区上目黒2-1-1 中目黒GTタワー15F/16F/20F
(受付時間 9:00~17:00 土日祝・休業日除く)
事業内容 1. 学習塾及び幼児教室の運営事業
2. 児童福祉法に基づく障害児支援事業
3. 障害者総合支援法に基づく就労支援事業
4. インターネットメディア事業
5. その他
事業所数 就労支援サービス LITALICOワークス 86拠点
ソーシャルスキル&学習教室 LITALICOジュニア 119拠点
IT×ものづくり教室 LITALICOワンダー 17拠点
(2020年9月時点)
従業員数 2,536名
(2020年9月時点)

メリット③:少人数制の授業

リタリコワンダーは、子供4人に対して1名の講師が担当する少人数制を取っています。

そのため、子供一人ひとりに親身になってサポートできる体制となっています。

メリット④:個々にあったペースで制作できる

リタリコワンダーは、子供のペースに合わせてプログラミンができます

講義形式ではないため、様々な学年の子供たちと一緒に学び、進め方はその子しだいで進めることができます。

学校のように学年によって、教材が違うといこともありません。

メリット⑤:受講時間は60分または90分間

リタリコワンダーの授業はオンライン受講は60分、教室受講は90分となっています。

子供たちがものづくりに対し、試行錯誤する過程も大切にしているため、少し長めの時間を設定しています。

メリット⑥:教材(テキスト or 動画)を選べる

リタリコワンダーは、学ぶ教材を選ぶことができます

テキストまたは動画があり、子供のスタイルにあった教材を選び制作を進めることができます。

メリット⑦:発表会イベントなどのイベントも沢山ある

リタリコワンダーは、発表会イベントなどのイベントも沢山あります

例えば、年に1回行われる全国の子供たちの成果を発表する「ワンダーメイクフェス」といったイベントがあります。

  1. プレゼンテーション、ブース、ポスターなどといった形式で成果を発表
  2. 体験ブースが用意されていて、最新の技術を体験できる
  3. プロのエンジニアや、同い年の子供たちと出会える

メリット⑧:オンライン受講 or 教室受講が選べる

リタリコワンダーは、オンライン受講、もしくは教室受講を選ぶことができます

コロナ渦の中で多くの人が集まる教室に通わせることは不安だと思いますので、まずはオンラインで受講、コロナが収束したら教室に通うことも可能です。

教室受講しかないものコースもありますし、実際に集まってプログラミングを行うことで他の子供たちから良い刺激を受けるなど教室受講には様々なメリットがあります。

教室がある場所は下記にまとめてますので、参考にしてみてください。

都道府県 教室の場所
東京 三軒茶屋、渋谷、中目黒サテライト、青山、池袋、赤羽、秋葉原、水道橋、押上、蒲田、町田、立川、吉祥寺
神奈川 川崎、横浜、東神奈川、横浜桜木町
埼玉 大宮

リタリコワンダーのデメリット

zannen
  1. 料金が高い
  2. 教室が首都圏にしかない

デメリット①:料金が高い

リタリコワンダーのデメリットは、他のプログラミング教室に比べて若干料金が高めという点です。

少人数制をとり、子供がつまずいたときに親身にサポートできるような体制を取っているため、どうしても高くなってしまいます。

しかし、子供が講師とともに問題を解決する楽しみを覚えてくれるという点では、少し費用が高めでも受講する価値はあると考えてます。

下記に各プログラミング教室(オンライン)を比較してみましたので、参考にしてみてください。

プログラミング教室 初期費用 料金 コース概要
LITALICOワンダー 16,500円 1,3000円/月2回〜 受講時間:60分
毎月2レッスン〜
少人数(最大4名)で 授業を実施
イベントを多数開催
Tech Kids Online Coaching - 13,200円/月〜 受講時間:120分間
オンライン教材による自己学習
月3回コーチとマンツーマン面談
TechAcademyジュニア - 8,800円/月〜 受講時間:60分
毎月2レッスン
少人数(最大6名)で 授業を実施
CodeCampKIDS Online - 4,378/月〜 毎月4レッスン
オンライン教材による自己学習
先生からのフィードバック
SNS利用


デメリット②:教室が首都圏にしかない

リタリコワンダーは、現在東京、神奈川、埼玉にしか教室がありません

ただし、オンライン受講も開設しているため、現在は全国どこからでも受けることは可能です。

コロナ禍で教室受講が密になることが不安な方にもオンライはおすすめです。

ただし、「ロボットテクニカルコース」、「デジタルファブリケーションコース」はオンライン非対応なので注意が必要です。

リタリコワンダーの良いの評判、口コミ

litalicowonder_good_kuchikomi

リタリコワンダーのリアルな評判、口コミを集めてきました。

こちらの情報も判断材料にしてみてください。

まずはリタリコワンダーの良い評判、口コミを紹介します。

  1. 先生が親切
  2. オンライン受講でも楽しく学べる
  3. 子供たちからも評判が良い

良い評判、口コミ①:先生が親切

やはり、気になるのはプログラミングを教えてもらう先生の評判だと思います。

口コミなどから親身になって教えてくれるようなので先生の評判は良いみたいです。

良い評判、口コミ②:オンライン受講でも楽しく学べる

教室と違って遠隔からのオンライン受講で本当に学べるの?という疑問もあると思います。

先生たちがその点についてはサポートしてくれるようなので、安心してオンラインでもプログラミングは学べます。

良い評判、口コミ③: 子供たちからも評判が良い

実際に受ける子供たちの評判も気になるはずです。

実際体験などを受けた子供たちは楽しめたみたいです。

リタリコワンダーの微妙の評判、口コミ

litalicowonder_bad_kuchikomi

リタリコワンダーの微妙な評判、口コミを紹介します。

  1. 教室が首都圏にしかない
  2. 料金が高い

微妙の評判、口コミ①:教室が首都圏にしかない

教室で首都圏にしかないので、地方だと教室受講が難しいという口コミも上がってます。

ただ、今はオンライン受講も出来るようになったので地方からも受けることが可能になりました。

微妙の評判、口コミ②:料金が高い

デメリットでも挙げましたが料金が高いということ口コミもありました。

ただ、講師代だと割り切って受講している方もいるようです。

リタリコワンダーのよくある質問

定員、スタッフの配置は何名ですか

定員は原則12名です。
スタッフは3~4名のお子さんに対して、1名配置されています。

引用元:LITALICOワンダー公式サイト
退塾はどのように行いますか

各教室で退塾届をご提出ください。
(A)(B)の退塾申出時期に応じ、退塾することができます。
(A)当月10日までに退塾届を提出した場合、翌月1日より
(B)当月11日以降翌月10日までに退塾届を提出した場合、翌々月1日より
月途中の退塾の場合、当月中の授業料、未納分の授業料はお支払いいただきます。

引用元:LITALICOワンダー公式サイト
休塾はできますか

最大2か月休塾することが可能です。
休塾する場合には休塾届を提出してください。(A)(B)の休塾申出時期に応じ、休塾することができます。
(A)当月10日までに休塾届を提出した場合、翌月1日より
(B)当月11日以降翌月10日までに休塾届を提出した場合、翌々月1日より

休塾の間、授業料はかかりません。休塾2ヶ月で自動退塾となります。

引用元:LITALICOワンダー公式サイト

リタリコワンダーの無料体験の流れ

リタリコワンダーでは以下のコースの無料体験が可能です。

まずは、無料体験を受けてみてどんな教室なのか、どんな講師が教えてくれるのかを実体験してみましょう。

  1. ゲーム&アプリプログラミングコース(オンライン対応)
  2. ロボットクリエイトコース(オンライン対応)
  3. ロボットテクニカルコース(オンライン対応)
  4. デジタルファブリケーションコース
  5. ゲーム&アプリエキスパートコース(Unityのみオンライン対応)

リタリコワンダーの無料体験申込方法

公式サイトへアクセス

litalicowonder-free1
引用元:LITALICOワンダー公式サイト

リタリコワンダーの公式サイトにアクセスし、「無料体験を申し込む」をクリックします。

受けたい受講方法を選択

litalicowonder-free2
引用元:LITALICOワンダー公式サイト

オンライン受講、教室受講のどちらか受けたい受講方法を選びましょう。

受講方法を選ぶポイントも以下に記載しますので、参考にしてみてください。

オンライン受講のポイント

  • 対面式の授業でお互いの顔を見ながらコミュニケーション
  • オンラインでオーダーメイド授業
  • 小学1年生~高校生の子どもが対象

教室受講のポイント

  • 実際の教室の雰囲気がわかる
  • すべてのコースが体験できる
  • 年長~高校生の子どもが対象

受けたいコースを選ぶ

受けたいコースの「ご予約はこちら」をクリックします。

希望日時、体験場所、必要事項を入力

希望日時、体験場所、必要事項を入力し、「入力確認画面」をクリックし、内容に問題がなければ確定し申込みは完了です。

予約が確定した無料体験受講日時に参加

あとは予約が確定した無料体験受講日時に参加するだけになります。

無料体験に関するよくある質問

体験授業に必要なものは?

<教室で体験授業を受講される方へ>
パソコンは教室で用意しているため、特に必要ありません。
持参したパソコンでの授業も可能です。その際は各教室にご相談ください。
※コロナ感染防止のためマスクなどをご持参ください

<オンラインで体験授業を受講される方へ>
下記の2つをご用意ください。
①【カメラ・マイク付きのパソコン1台】
Windows8.1~またはMac OSX 10.5~推奨。カメラとマイクは外付けでも可。その他のOSについては事前にお問い合わせください。
②【必要十分なネットワーク環境】
事前に通信環境の確認をご希望の方はお気軽にお問合せください。

引用元:LITALICOワンダー公式サイト
体験授業は1人?それとも集団?

通塾生の授業に、実際に入って体験授業を行うため、教室の雰囲気を感じていただけます。
お子さん4名につき1名程度、スタッフが付きますので安心です。
一斉指導ではなく、お子さんの興味・関心や習熟度に合わせて、授業内容を調整しています。

引用元:LITALICOワンダー公式サイト
どんな人が教えてくれますか?

教育業界の出身者やエンジニア経験者をはじめ、さまざまなスタッフやメンターがいます。
指導と技術に関して、スタッフ全員が自社研修を受けており、知識と経験をいかし、多様な視点で子どもたちのものづくりをサポートします。

引用元:LITALICOワンダー公式サイト

まとめ:リタリコワンダー(LITALICOワンダー)でプログラミングを学ぼう

litalicowonder-summary

リタリコワンダー(LITALICOワンダー)は安心できる会社が運営しているプログラミング教室です。

また、コロナ渦で人が集まる場所はちょっと心配って方にもオンライン受講が可能なので、おすすめの教室と言えます。

料金は他のプログラミング教室よりは高いですが、少人数制で子供一人ひとりを手厚くサポートできるため、子供が途中でつまずいてしまっても、講師が解決へ導いてくれる点でとても魅力的なプログラミング教室です。

また、子供が制作したものを発表する場も提供してもらえるのでプログラミングだけでなく、プレゼンテーションスキルも身につきます。

実際、体験してみないとわからない点もあると思いますので、無料の体験教室を受講して子供にあった、成長できるプログラミング教室を選びましょう。

\ 無料体験会実施中 /

LITALICOワンダーの無料体験を受ける

あわせて読みたい

-プログラミング教室, 子供向け