プログラミング教室 子供向け

【ロボットプログラミング】エジソンアカデミーの特徴や料金を徹底解説 | 子ども向けプログラミング教室

artec-edison
  • エジソンアカデミーロボットプログラミング教室の評判、口コミ、料金が知りたい
  • エジソンアカデミーロボットプログラミング教室はどんな教室か知りたい

こんなお悩みを解決するため、子ども向けエジソンアカデミーロボットプログラミング教室「エジソンアカデミー」の料金や料金について解説していきます。

本記事の内容

  • エジソンアカデミーのとは?
  • エジソンアカデミーの教材、カリキュラム
  • プログラミング教育が必要な理由とエジソンアカデミーで身につくスキル
  • エジソンアカデミーのメリット、デメリット

本記事の作者

itengineer_oku

エジソンアカデミーは、教育分野で教材・カリキュラム制作を行っている会社が運営しているおすすめの子ども向けロボットプログラミング教室です。

エジソンアカデミーの詳細は、本記事で詳しく解説しますので、参考にしていただければ幸いです。

エジソンアカデミーロボットプログラミング教室とは?

エジソンアカデミーロボットプログラミング教室は、教材・カリキュラム制作を行っている株式会社アーテックが運営する人気のロボットプログラミング・プログラミング教室です。

\ 無料体験授業受付中

エジソンアカデミー公式サイトを見る

プログラミング教室、教材調査で以下の5冠を取得しており、注目されてるプログラミング教室の1つです。

artec-edison-.achievement2
出典:エジソンアカデミー公式サイト

エジソンアカデミーロボットプログラミング教室には以下のような特徴があります。

特徴

  • プログラミング、ロボット作りどちらも学べる
  • クオリティの高い教材・カリキュラム
  • 低価格で受講可能
  • 小学校3からが対象

詳しくは本記事で解説してますので、確認してみましょう。

株式会社アーテックってどんな会社?

リタリコワンダーの運営会社概要
社名 株式会社アーテック
設立 1960年4月5日
資本金 4,000万円
本社所在地 [大阪本社]
〒581-0066
大阪府八尾市北亀井町3-2-21
[東京支社]
〒101-0024
東京都千代田区神田和泉町1番地
住友商事神田和泉町ビル11F
事業内容 幼稚園・学校教材・ロボットプログラミング教材・ICT教具及び画材・文具・プレミアム・ギフト商品の製造販売業、各種子ども向け教室のFC事業、防犯・防災・介護・衛生用品製造販売業

エジソンアカデミーロボットプログラミング教室を運営している株式会社アーテックってどんな会社か知りたい方もいると思います。

子どもを安心して通わせることができるプログラミング教室がいいですよね?

安心してください、株式会社アーテックは全国の幼稚園・保育園、小・中学校、高校、約11万3,000校で使用されている学校教材の総合メーカーで1960年の創業以来60年以上教育分野に携わってきた、教育のベテランです。

だからこそ、クオリティの高い教材や、カリキュラムを制作できるんです。

株式会社アーテックは他にも以下のような教室も運営してます。

artec-school
出典:https://www.artec-kk.co.jp/school/

エジソンアカデミーの料金

エジソンアカデミーロボットプログラミング教室はフランチャイズ制のため、全国のパソコン教室や学習塾にあり入会金や受講料、キャンペーンなども各教室ごとに設定、実施されています。

詳しい料金を知りたい方は受けたい教室の無料体験授業を受けて確認してみましょう。

以下にいくつかの教室の入会金、受講料をまとめましたので参考にしてみましょう。

D-SCHOOL 文京春日教室(東京)
住所 東京都文京区春日二丁目14-9 SPICE4階
入会金 11,000円 ※体験会参加で無料(2021/10月時点)
授業料 13,860円/月
教材費 550円/月
その他情報 ・対象:小学1年生以上​
エジソンアカデミー・シャイニングスタイル(東京)
住所 東京都豊島区西池袋1丁目7番8号 関ビル5階
入会金 11,000円 
授業料 11,000円/月
教材費 44,000円 ※2年間分一括
その他情報 ・対象:3年生以上
パソコンスクール・クエリー(大阪)
住所 大阪府大阪市東住吉区山坂4-2-3 山坂ビル301
入会金 無料
授業料 8,000円/月
教材費 44,000円 ※2年間分一括
その他情報
パソコンスクールリンク北仙台(宮城)
住所 宮城県仙台市青葉区葉山町1-7 1F
入会金 1,3,200円 ※体験会参加で11,000円(2021/10月時点)
授業料 13,200円/月 ※体験会参加で11,000円/月(2021/10月時点)
教材費 44,000円 ※2年間分、体験会参加で41,800円/月(2021/10月時点)
その他情報

*全て税込価格となります。

エジソンアカデミーのカリキュラム特長

エジソンアカデミーのカリキュラムは以下のような特長もあり、子どもたちが楽しめる内容になっています。

特徴

  • やる気を引き出すレベルアップ方式
    ロボットづくりの過程で、・プログラミングとあわせロボットの動く仕組みを学び応力を身につけます。
    毎日少しずつレベルUPしながら、飽きることなく楽しめるカリキュラムです。

  • 子どもが興味をかきたてられる作例
    信号機や車など身の回りにあるロボットや簡単なゲーム機器など豊富な作例があるので、子どもが楽しみながら視野を広げられるカリキュラム構成になっています。

カリキュラム構成は基礎編、応用編と分かれており、詳細は下記で説明します。

エジソンアカデミーのカリキュラム構成・教材

エジソンアカデミーの1カリキュラムは以下のような構成になっており、全40カリキュラム、ロボットを作ることになります。

1カリキュラム  = 90×2回(1ヶ月)

  • 基礎編
    テキストにそって基礎となるプログラミングを学習(90分)
  • 応用編
    習得したこを活かしオリジナルのロボット作品を作るミッションチャレンジ(90分)

①:基礎編の教材、カリキュラム内容

artec-edisoncurriculum1
出典:エジソンアカデミー公式サイト

単なるロボットの組み立て説明書やプログラミングの手順書ではなく、これからつくるものが「実際の生活ではどのように活用されているのか」「どんな仕組みで動いているのか」をしっかりと解説。フルカラーで子どもたちが理解しやすく、楽しく取り組めるテキストとなっています。

②:応用編の教材、カリキュラム内容

artec-edisoncurriculum2
出典:エジソンアカデミー公式サイト

基礎編でしっかりと知識を身につけたあとは、与えられた課題(ミッション)をクリアする方法を自分で考える「応用編」にチャレンジ。ゲームに挑戦する感覚で楽しみながら試行錯誤し、独創性あふれる自分だけのロボットを完成させることができます。

作成するロボット

出典:エジソンアカデミー公式サイト

プログラミング教育が必要な理由は?

2020年度に小学校でプログラミングが必修項目として追加され、2021年には「技術・家庭」科目の中にプログラミング教育が組まれています。

今後も以下のような計画で、プログラミング教育が組み込まれていく予定で大学受験などの大きなイベントにも関わってきます。

小学生 2020年度 プログラミング必修化
中学生 2021年度 「技術・家庭」科目にプログラミング教育が追加
高校性 2022年度 共通必履修科目として「情報Ⅰ」新設
2025年度 大学入試共通テストに「情報Ⅰ」の内容が「情報」として試験項目追加

プログラミング教育が必修科目となった理由としては、経済産業省が提示した2030年にはIT人材が約80万人弱不足するという試算から国としてもIT人材教育を問題視した結果だと言えます。

小さい頃からプログラミングを学ぶことで、ITの分野のベースとなる知識を身に付け、プログラミングの苦手意識を無くして将来のIT人材を育成しようと考えているのだと言えます。

エジソンアカデミーで身に付くスキル

プログラミング教育が必要な理由を説明しましたが、プログラミング教育で何が求められたれてるかが気になりますよね。

アーテックエジソンアカデミーではプログラミング学習から習得できる以下の4つのスキルを掲げています。

つまり、アーテックエジソンアカデミーではこの4つのスキルが求められていると考えているのだと思います。

1つずつ現役エンジニアの私の意見も含め解説していきますので、参考にしてみてください。

理解力

テキストでセンサーの仕組みやロボットの機構などを学習し、ロボットプログラミングに関する知識をしっかりと吸収していきます。

出典:エジソンアカデミー公式サイト

調べたことやテキストの内容を理解し、吸収することはこれからも必要な能力のひとつです。

現代社会では多くの問題があり、調べることが多いはずです。

ググれば大体は解決できますが、検索した結果の内容を理解することが前提条件となります。

プログラミング・ロボット制作を通じて、この能力を小さいころから養うという点はメリットのひとつです。

論理的思考力

プログラムを論理的に書かないと、ロボットを思い通りに動かすことはできません。試行錯誤を繰り返しながら、論理的思考力を身につけていきます。

出典:エジソンアカデミー公式サイト

論理的思考とは簡単に言ってしまうと矛盾のない道筋を立てる、パズルを組み立てて完成させるような能力です。

論理的思考はプログラミング、ロボット制作に限ったことだけじゃありません。

例えば相手を説得するときは、矛盾がないように話す内容を組み立てますよね?

矛盾がない内容であれば、相手も納得させやすいです。

幅広く使える能力で、とくにプログラミングは論理的思考そのものなのでこの能力を身につけるという点では最適です。

創造力

プログラミングの答えはひとつではありません。固定観念にとらわれず、一人ひとりの独自の発想で新しいロボットやプログラムを作製していきます。

出典:エジソンアカデミー公式サイト

最近ではITの進化によって、単純作業はAIやロボットが全て行ってしまう時代になってきました。

そうした中で、今人間に求められてる能力は創造力だと言えます。

考えて生み出す力は、人間だからこそ出来る作業だからです。

ものづくり(ロボット制作)は、想像しものを形にしていく作業なので、創造力を養うという点ではおすすめできます。

プレゼンテーション力

成長して大人になったとき、自分の考えを表現する力はとても大事な能力となります。製作したロボットやプログラムを通じて、プレゼンテーションする力も育んでいきます。

出典:エジソンアカデミー公式サイト

自分が考えたことを相手に納得してもらい、賛同を得ないと実現できないことが多いはずです。

つまり、相手にどう自分の考えを伝え、いかに自分考えたことが良いことだと相手に伝えなければいいけないわけです。

その際に人の前で話すためのプレゼンテーション力は必須になります。

この能力を養うには場数を踏んで身に付けていくしかありません。

エジソンアカデミーでは、ロボットコンテストなど人の前で発表、プレゼンテーションする機会がありますので小さい頃から体験できる機会があるという点もひとつのメリットと言えます。

ロボットコンテンストとは?

出典:https://www.urc21.org/

小中学生を対象とした国際ロボット競技会がユニバーサルロボティクスチャレンジ(ロボットコンテンスト)です。

主催が株式会社アーテックなので、受講生は参加することができ、チームで作成したロボットを発表するなどの機会があります。

2021年の大会では以下の3つの部門があり、 ロボティクス初級者から上級者まで幅広く参加可能でした。

① オンライン競技部門

テーマ名 自動搬送ロボットの開発
概要 競技ルールに従いロボットを作成し、YouTubeに動画をアップロードして参加
参加資格 小学生または中学生
参加費用 1,000円(税込み)

② アイディアコンテスト部門

テーマ名 感染症対策
概要 オリジナルの作品づくりに挑戦し、YouTubeに動画をアップロードして参加
参加資格 小学生または中学生
参加費用 1,000円(税込み)

③ シミュレーションロボット競技部門

テーマ名 ウイルス対策ロボット
概要 インターネットブラウザー上で動作する「ロボットシミュレーター」を用いて、オンラインでプログラミングスキルを競い合う
参加資格 小学生または中学生
参加費用 2,200円(税込み)

エジソンアカデミーのメリット

まずはエジソンアカデミーのメリットについて4つ紹介します。

エジソンアカデミーのメリット
  • ロボットコンテストに参加できる
  • 教材・カリキュラムのクオリティが高い
  • プログラミング、ロボット作りどちらも学べる
  • 教室が全国にある

ロボットコンテストに参加できる

エジソンアカデミーでは学んだロボット教材「アーテックロボ」を使用したロボットコンテストに参加することができます。

ロボットコンテストは小・中学生向けの国際ロボット競技会となり多くの子どもとたちと触れ合い刺激を受けたり、人前で自分たちが作ったロボットを発表する機会があります。

コンテンストを通じて、チームで取り組むことの楽しさや、伝える力を身につけることが出来るというのは子どもの将来にもきっと役に立つ大きなメリットとなるはずです。

教材のクオリティが高い

エジソンアカデミーを運営している株式会社アーテックは学校教材の総合メーカーで1960年の創業以来60年以上教育分野に携わっている教育教材のベテランの会社になります。

今まで培った教育教材のノウハウがふんだんに詰め込まれているため、クオリティの高い教材が作れています。

クオリティの高さは以下の実績や2018年に受賞した「経済産業省 ものづくり日本大賞特別賞 」でお墨付きです。

出典:エジソンアカデミー公式サイト

プログラミング、ロボット作りどちらも学べる

ロボット作りは組み立てるだけではありません。ロボットを動かすためのプログラミングも学習できます。

アーテックロボを動かすためのScratch(スクラッチ)ベースのStuduinoというソフトウェアを使用し、部品アイコンをマウス操作でドラッグ&ドロップして組み合わせながらプログラミングを行っていきます。

また、Studuinoでは一般的なプログラミングでよく使われる「変数」、「関数」などの重要な要素も学べるため、専門知識もしっかり身につけることができます。

教室が全国にある

エジソンアカデミーは、フランチャイズ展開しており全国に教室があります。

地方だからプログラミング教室がないという方でも比較的受けやすくなっています。

近くにあるかどうか確認したい場合は、エジソンアカデミー公式サイトで調べることができますので確認してみてください。

エジソンアカデミーのデメリット

エジソンアカデミーはメリットばかりではありません、ここではデメリットについて2つ紹介します。

エジソンアカデミーのデメリット
  • 教材(ロボット)費がかかる
  • オンライン受講はできない

教材(ロボット)費がかかる

通常のプログラミングとは違い、ロボットプログラミング教室ではロボット教材費がかかってしまいます。

ただ、エジソンアカデミーに限ったことではなくロボットプログラミング教室全般に言えます。

もしも費用を抑えたいという方やScratchや本格的なプログラミング言語を使って画面上でモノづくりを楽しみたい方は以下のプログラミング教室をおすすめします。

公式サイト

【本格的なプログラミングを学びたい子ども向け】

オンライン受講はできない

エジソンアカデミーは残念ながらオンラインの対応はしていません。

教室が近くにない方などはオンライン対応のプログラミング教室を選ぶことをおすすめします。

小学校3年(8歳)以上推奨

エジソンアカデミーは小学校3年(8歳)以上推奨のロボットプログラミング教室になります。

教室によっては7歳以下も対象にしているようなので、問い合わせをしてみましょう。

また、アーテック社では年長以上向けのカリキュラム「自考力キッズ」も運営してますのでこちらもおすすめです。

以下は自考力キッズ含め、7歳以下も対象にしているプログラミング教室となります。参考にしてみてください。

エジソンアカデミーのよくある質問

エジソンアカデミーのよくある質問を集めてきました。参考にしてみてください。

モノづくりが苦手でもロボットはつくれますか?

基本講座はテキストに沿ってロボットを組み上げていきますので、モノ作りが苦手な方はもちろん、小さなお子様でも簡単にロボットを作ることができます。

引用元:エジソンアカデミー 公式サイト
パソコンの操作は初めてですが大丈夫ですか?

大丈夫です。難しい操作は必要ありませんので、すぐにマスターすることができます。

引用元:エジソンアカデミー 公式サイト
1回の授業はどのように進行するのですか?

最初にその回のテーマとポイントを講師が説明し、そのあとはテキストを見ながら子どもたちの間で自主的にロボットの製作を進めてもらいます。

引用元:エジソンアカデミー 公式サイト

エジソンアカデミーでプログラミング・ロボット作りを楽しく学ぼう

artec-edison-summary

エジソンアカデミーは運営会社が教育分野での教材のエキスパートなので、クオリティの高い教材でプログラミング、ロボット作成が楽しめる小学生向けのロボットプログラミング教室です。

また、フランチャイズ制をとっているため、全国各地に教室があり比較的通いやすいです。

子どもの将来を考えて、幅広く使えるスキルが身につくプログラミングをエジソンアカデミーで学んでみてはいかがでしょうか。

ただ、楽しく学べるかは子ども次第なので、まずは無料体験授業を受けてロボットプログラミング教室がどういうものなのかを体験してみましょう。

\ 無料体験授業受付中

エジソンアカデミー公式サイトを見る

あわせて読みたい

-プログラミング教室, 子供向け